ゲーム ザンマイ!

管理人がプレイ感想などを記事にしています。小学生のころにセガサターンをプレイしてから毎日ゲームをプレイ中。

【事前登録】ギガントショック すべてが規格外

www.youtube.com 

 

 

 

ギガントショックとは?

 

 『メイプルストーリー』や『マビノギ』など100以上のゲームタイトルを世に送り出した『NEXON』が新たに送るスマホアクションRPGです。

 ギガントと呼ばれる巨大な敵を様々な能力をもつキャラクターを駆使して戦うというものです。

 2018/4/10~2018/4/17まで行われたβテストを得て、近日公開のゲームとなっています。

 

 

 

βテストの結果

 

  βテストを終了後、参加してもらったユーザーにアンケートを取り、ゲーム全体の評価から、戦闘や操作性など評価してもらったようです。

 

 ・ゲーム全体の評価

 ・操作性の評価

 ・戦闘の評価

 ・覚醒者(ハンター)の評価

 

  以上の4項目です。結果をすでに公式サイトにて公開しているので、まとめてみたいと覆います。

 

 

 

ゲーム全体の評価

 

 

 ゲーム全体の評価について

  ・とても良い   19%

  ・良い      52%

  ・普通      22%

  ・悪い      7%

  ・とても悪い   0%

 

    とても良い、良いを含めると全体の約7割を占める高評価のようです。また意見も、今までにない斬新な戦闘が楽しかった、他のゲームでは味わえない面白だった、などギガントショックにしかない楽しさを見いだせていたようです。しかし不満点もややるようで、リリースまでには修正するとのことです。

 

 

 正式リリース後のプレイ予定について

  ・プレイする                65%

  ・不満点が改善されたらプレイする      31%

  ・もうプレイしない             4%

 

     こちらの結果も良好で、ほぼ10割がプレイするといった感想を述べています。これには戦闘システムの新鮮味や斬新さなどが大きくかかわっていると思います。

 

 

 

 

戦闘システムについて

 

 

 戦闘の難易度はどうだったか 

  ・とても難しい       2%

  ・難しい         25%

  ・ちょうどよい      61%

  ・簡単          10%

  ・とても簡単        2%

 

        難易度に関してちょうどよいという意見が大半を占めています。しかし難しいという意見が次に多く、人を選ぶのかなと感じます。戦闘方法が他のアプリとは違い斬新だったという意見があるようですが、逆に今までにないような戦闘方法だったからこそ難しいと感じたひとが多かったのかなと思います。

 

 

 戦闘のテンポや演出はどうだったか

  ・とても良い       14%

  ・良い          46%

  ・普通          28%

  ・悪い          11%

  ・とても悪い        1%

 

        とても良い・良いが大半を占めています。全体的に良い評価を得られていると思います。しかし、慣れると戦闘が単調な作業になるという意見や同じギミックが多く作業感が拭えないという意見が見られます。

        ゲーム歴数十年の私の感想ですが、ゲームに作業感が現れてしまうと、プレイすること自体が苦痛になってしまい、ユーザーが離れてしまいます。リリースまでには直してもらいたいです。

 

 

操作性について

 

 戦闘の操作性はどうだったか

  ・とても良い         9%

  ・良い           32%

  ・普通           34%

  ・悪い           23%

  ・とても悪い         2%

 

     良くも悪くもない普通の評価です。新感覚な操作性が良かった、単純な操作で簡単なとっつきやすがいいなどの良い意見がある一方、敵の攻撃範囲が分かりづらいという意見も多く見受けられます。

 

 

 ホーム画面やマップ画面の各種ボタンは使いやすかったか

  ・とても使いやすかった    7%

  ・使いやすかった      29%

  ・普通           42%

  ・使いづらかった      20%

  ・とても使いづらかった    2%

 

       こちらも全体的に良くも悪くもなく普通という意見が多いようです。ですが、全体的にボタンが小さいなどの意見も多く見受けられたようです。運営側も各種画面のボタンの使用感が課題と認識しているようです。

 

 

覚醒者(ハンター)について

 

 

 各ハンターのスキルの特徴が体感できたか

  ・とても体感できた            13%

  ・クラスの役割の違いは体感できた     51%

  ・何となく体感できた           31%

  ・体感できなかった             5%

  

    多くの人は大体のスキルの特徴を把握できたようです。しかしハンターごとの性能の差が分かりづらいなど、ハンター同士の差別化がうまく取れていない感じがします。

 

 ハンターの見た目はどうだったか

  ・とても良い   23%

  ・良い      44%

  ・普通      26%

  ・悪い       6%

  ・とても悪い    1%

 

    とても良い・良いの意見が多く見受けられ全体的に高評価だった印象が見受けられます。意見の中には『キャラクター毎のストーリーが気になる』という意見もあったため、今後のアップデートに期待です。

 

 

  全体的に評価が高く、期待できるゲームだと思います。また、新感覚の戦闘システムや、キャラクターのスキルなど他にはない特徴的な部分が多く見受けられたため、リリースまでにどのように仕上がるのか楽しみです。

 

 

 

 

ストーリー

 

 

人類が繁栄していた昔。

 

地球に接近した彗星により、

 

文明は崩壊した。

 

 

 

衝突した隕石の周りでは動植物を異常な速度で
 
成長させる不思議な力、
 
「マナ」が発見される。

 

 

マナによって 
 
人類は復興を遂げる。

 

 

 

しかし、

 

突如として現れた脅威、

 

「ギガント」が各地に出没

 

 

この厄災を、人はこう呼ぶ。

 

「ギガントショック」

 

 

 

人類は再び滅亡の危機を迎える。

 

残された、最後の希望はマナの力を得た

 

「覚醒者」に託された。

 

  

www.youtube.com

 

 

 

ギガントとは?

 

 隕石の衝突による影響で現れた巨大なモンスター。彼らによって人類が滅亡へのカウントダウンが刻まれた。その大きさは画面を覆いつくすほどの迫力です。

 

 

 

 

 

エイミングアクションを駆使して戦え!

 

 エイミング=狙っている様子を表す言葉。

 

 よくFPSゲームなどで『エイム』て言葉を使いませんか?主に敵に標準を合わせることを示すと思います。そのエイムは『エイミング』を略した言葉になります。

 

 エイミング+アクション=エイミングアクション

 

 ギガントショックにはエイミングアクション呼ばれる聞き慣れない機能が備わっている。これは指先でパワーを貯めながら敵の弱点に向けて照準を合わせるというもの。このゲームの醍醐味の1つで、スマートフォンやiSOのタッチ機能をフルに活用した戦い方ができる。

 

 

 

 

弱点を見極める!

 

 

 ギガントには必ず弱点がある。種類によって様々で分かりやすいところから、なかなか見つけづらいところまで様々かもしれない。しかし敵の弱点を見極めることは戦いにおいての基本となる。

 エイミングアクションを駆使しながら弱点を探し出そう。

 

 

 

 

 

攻撃パターンを見極めろ!

 

 ギガントは様々な武器を持っている。大きな剣を持つものから、巨大な拳、魔法などさまざまである。ギガントの種類や武器によって攻撃パターンが異なり攻撃範囲やタイミングなど見極めることが大切になってくる。

 

 

 

 

 

 

3つの職業を使いこなせ!

 

 このゲームには3つの職業が存在する。それぞれ特有のスキルや能力を持っており、使い方次第で大きな戦力を生み出すことができる。いろいろ試して勝利をつかみ取れ!

 

 アタッカー

  ギガントに対して直接攻撃を行う職。連続攻撃や力を溜めて攻撃などダメージを与えることに特化したスキルが多い。

  

 アシスター

  仲間の強化や補助などを行う職。敵の動きを止めたり、味方の攻撃力を上げるなど敵の弱体化、味方のアシスト系のスキルが多い。

 

 プロテクター

  敵の攻撃から仲間を守る職。敵の攻撃によるダメージを吸収したり、透明化させてダメージを無効化したりなど、ダメージを防ぐスキルが多い。アシスターと違うのは味方を攻撃から守り、ダメージを受けないようにする職であること。

 

 

 

  

事前登録の特典

 

  このゲームに限らず、事前登録を募集しているゲームには事前登録してくれたユーザーすべてに特典が付与されます。もちろんあなたも例外じゃないですよ。

  また事前登録及びアプリの利用料は無料なので、気になったら気兼ねなく登録してみよう!

 

 

 

 

その1 最大10連ガチャ分のルビー!

  事前登録のユーザー数に応じてリリース日に貰えるルビーが変わります。

  2018/07/06現在は、10万件の登録で1000ルビーを達成しています。最大は15万件の登録で2000ルビーなので、周りの友達やフェイスブックの仲間たちを誘って、事前登録をしよう!

 ルビーは攻略をするうえで有利なものなのでぜひ登録してみよう!

 

 

 

その2 三大特典

  

第一弾!  その場で当たる 毎日ギガントくじ
 

 Amazonギフト券3000円分がその場でもらえる!

 

 事前登録をすると毎日10名に当たるキャンペーンなのです!ですがすでに終了しているので、事前登録をしてもくじは引けません(涙)

 

 

 

 

 

第二弾! 60V型 液晶テレビ プレゼント!

 

 追記 こちらのキャンペーンは終了いたしました。 結果の方をどきどきワクワクしながらお待ちください。

 

 

 こちらは公式Twitterアカウントをフォローし、対象ツイートをRTするだけで60V型詠唱テレビが2名に当たります!

 

 開催期間は 7/2(月)16時 ~ 7/9(月)23時59分 までとなっていますので興味のある方はぜひ登録して最新情報をゲットしてみてください!

 

twitter.com

 

 

 

 

第三弾! ハイスコアを目指せ! ギガント討伐戦!

 

 2018/07/14追記:公式サイトにてギガントの討伐戦ができるようになりました!スマートフォンで公式サイトにアクセスし、事前登録ページ下部の方に『討伐に参加する!』というボタンが出現しました。

 これは30秒間のうちにギガントに対してどれだけダメージを与えられるかというものです。ダメージによってスコアが算出され、リリース後の特典につながります。

 私も何度か挑戦してますが最高スコアは『320』。上位5位までに入るには最低でも『500』は必要になってきます。

 コツはギガントの弱点を正確にとらえること。ダメージを与える場所によって『Perfect』『Grate』『Good』『Bad』4つの評価があります。私は最高で『Perfect』が3回、他『Grate』が数回などというレベルです。つまり『Perfect』を最低でも7,8回出さなければ上位入賞は難しいでしょう。

 

 ギガントを討伐したスコアに応じて、ゲーム内で使える10連分のガチャチケット&ガチャチケット3枚が貰える企画です。

 10連分のガチャチケットは上位5名のみ、ガチャチケット3枚は討伐成功した全員に貰えます。

 

 ただ期間が 7/12(木) ~ リリース前日までとなっており、どこで討伐を行うのか、まだはっきりとはしていません。当日何かしらの発表があるとおもうので、情報が更新され次第、こちらの記事も更新しようかなと思います。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 ネクソンのゲームをプレイしたことがある方なら今回リリースされるゲームに興味が湧いたかもしれません。ネクソンはゲーム業界でも知れ渡った名前でしょうし、数多くのゲームを世に送り出しています。

 

 また、βテストによるアンケート結果を見ても、結構好評だったようなので期待できます。片手でできるゲームなので時間が空いた時にやってみたい人や、事前登録だけでもしてみようかなと思っている人はぜひ一度、登録してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

事前登録はこちらから↓

 

Androidはこちら↓

 

 

iOSはこちら↓!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Garry's mod Ragdoll Mover

 

 

 

Ragdoll Mover

 

 前回紹介した『ラグドールにポーズをとらせよう』にて紹介したツール『Ragdoll Mover』の紹介です。

 

 

www.gamezanmai.com

 

f:id:hajime676:20180709224559j:plain

 

 

 Ragdoll Moverにはこのようなチェックを入れられる欄が存在します。英語で分からないかもしれませんが、チェックを入れたり外したりすることで、その効果を実感することができます。

 

 しかし一度言葉に起こして説明した方が分かりやすいと思うので、上から順に説明させていただきます。

 

 

 

 

 

 

  Localized position gizmo

 矢印の軸を変える欄。チェックを入れるとキャラクターに軸を合わせた矢印の向きになる。ちょっと何言ってるか分からない人はチェックを入れたり外したりしてみてほしい。一目瞭然。

 

 

 Localized angle gizmo

  すみません。効果が分かりません。直訳すると『ローカライズ 角度 装置』ということになるが、どういうことだろうか。チェックを外していてもポーズをとらせることはできるので、気にしなくてもよい。

 

 

 Scale

 シークバーで数値を操作できる。シークバーを右に動かし数値を大きくすると、矢印が大きくなり、逆に左へと動かすと小さくなる。間接と矢印が被っていた時に使用することが多い。

 

 

 Fully visible discs

 こちらも効果は不明です。なくても大丈夫です。

 

 

 

IK Chains

 

 Left Hand IK

 チェックを入れると左手のひらをその場で固定する。例えば手のひらだけをその場で固定して、体全体を左にずらしたい。なんてときに使用する。

 

 Right Hand IK

 チェックを入れると右手のひらをその場で固定する。

 

Left Leg IK

 チェックを入れると左足をその場で固定する。くるぶしから下を固定する。一番使用する装置だろう。その場で立たせて、上半身だけを前に倒したいときや、かがませるときに使用する。

 

 Right leg IK

 チェックを入れると右足をその場で固定する。

 

 

 

Mics

 

 

 Unfreeze on release

 すみませんこれも分かりません。ポーズをとるうえでチェックを入れなくても困らなかったです。わかり次第更新します。

 

 

 Tool update rate

 シークバーで動かすタイプ。滑らかに動かすか、かくかく動かすかの違いです。右側に動かし数値を大きくすると、キャラクターを動かしたときにかくかく動き、逆に左側へと動かすと、するすると動かすことができます。

 

 

 

 

 

 

garry`s mod ラグドールにポーズをとらせよう!

f:id:hajime676:20180709191258j:plain

 

 毎日暑い日が続く今日この頃。

 エアコンや扇風機などを起動させながらゲームをしないとプレイに集中できません。(-_-;)

 これからが夏本番と思うと気が重いです。

 

 

 先日というかだいぶ前に消化した『気分転換にやりたいFPSゲーム3選!』タイトルで記事を書きました。

 

www.gamezanmai.com

 

 

 これは私が普段ブログを書いていて、ちょっと面倒くさくなった時に気分転換としてやっていたゲームを紹介したものです。

 そのなかで紹介した『garry's mod』というゲーム。とても自由度が高く、何でもできるゲームです。しかし操作説明の記事などは存在するのですがラグドールのポーズのとらせ方について記事がないなと思い、今回記事にしてみることにしました。

 

 

garry`s mod とは?

 

 

 簡単に説明すると、いろいろなアイテムを召喚したり、武器を使用したりしていろいろなことをするゲーム。無限に遊べるゲームであり、エンディングなどはなくストーリーもない。

 元は『ハーフライフ2』というゲームのMODであり、『garry's mod』はそれを1つのゲームとして売り出されたものである。

 基本的な遊び方として、好きなキャラクターのラグロールを呼び出しポーズをとらせスクリーンショットを撮るというもの。もちろん他の遊び方もできる。

 

 

基本的な操作の仕方

 

 歩く走るジャンプといった基本的な操作方法からツールガンの使い方まで載っているので分からない方やこのボタン何だっけ? という場合に覗いてみてください。

 

steam コミュニティへ

 

 

 

ラグドールにポーズをさせる前の準備

 

 デフォルトの状態でラグドールにポーズをとらせることは可能ですが、とても大変です。特に地面に足をつけて、立たせるということをするのに数十分かかると思います。

 

 Physics Gunで頭を持ち上げて・・・

  

f:id:hajime676:20180709203259j:plain

 

 

 適当な位置で固定する。

 

f:id:hajime676:20180709203322j:plain

 

 

 あとは手足を適当な位置に持ってきてポーズをとらせる。

 

f:id:hajime676:20180709203341j:plain

 

 こういった考えもなしにポーズをとらせるなら、デフォルトの状態でも可能です。

 

 

 

f:id:hajime676:20180709203928j:plain

 

 しかしこのように自分の頭の中で描いたポーズをとらせるなら、デフォルトでは難しいです。さらに言うと日常生活でするような動作をポーズにしたいならPhysics Gunのみでは無理です。

 

 

 

ではどうするか

 

 ここは他のユーザー様のお力を借りたいと思います。

 このゲームは『ワークショップ』に対応しており、他のユーザーが作ったモデルやツールなどをクリック1つで導入することが可能です。

 

 

導入するMODは2つ

 

 『Standing Pose Tool』と『Ragdoll Mover』です。

 

 

 

  Standing Pose Toolといのはモデルは立たせるツールです。Physics Gunではうまく立たせられないので、このツールを使用します。

 

 一方、Ragdoll Moverというのはモデルを動かすツールです。動かすならPhysics Gunでいいじゃないか! と思うかもしれませんがこのツールは各関節ごとに動かすことができるため、自分の頭に描いたポーズをとらせることが可能です。

 

 

Standing Pose Tool の使い方

 

 使い方はいたってシンプルです。

 

f:id:hajime676:20180709211700j:plain

f:id:hajime676:20180709211919j:plain

 

 メニュー画面を開き、右側にあるポーズの欄に注目してください。導入に成功していると、Stand Poseという欄が出ていると思います。

 

f:id:hajime676:20180709212349j:plain

 

 すると左上に『Stand Pose』と出ると思います。その状態で立たせたいラグドールを左クリック。

 そして任意の場所でもう一度クリック。すると・・・

 

f:id:hajime676:20180709213412j:plain

 

  じゃん! 

 

 このようにT字で立たせることができます。これは人型のラグドールであれば何でも適応可能です。

 この状態からキャラクターにポーズをとらせていきます。

 

 

 

 

Ragdoll Moverの使い方

 

 いよいよキャラクターにポーズをとらせます。

 ポーズをさせるために使用ツールがこの『Ragdoll Mover』です。

 

 使い方は簡単ですが慣れが必要なツールになります。

 

 先ほどと同様です。今度はポーズの欄から『Ragdoll Mover』を選択します。

 

f:id:hajime676:20180709223947j:plain

 

 

 すると右上にチェックボックスを付けられる項目が出てきます。

 

f:id:hajime676:20180709224323j:plain

 

f:id:hajime676:20180709224559j:plain

 

 もしチェックボックスにチェックがされていたら、すべて外してください。メニュー画面を閉じ、ツールガンの標準をキャラクタの各関節に合わせると・・・

 

 

f:id:hajime676:20180710165233j:plain

 

 緑色の文字でこのような表示が出てくると思います。先ほど述べた通り各関節でこのような表示が出てくると思いますが、今回はまたの上おなかの中止あたりに照準を合わせてください。(図のように)この状態で一度左クリックを押してください。

 

f:id:hajime676:20180710170432j:plain

 

 の矢印が出てくると思います。 そのうちの1つ『上向きの青色矢印』に照準を合わせてください、すると矢印の色が黄色になると思います。その状態で左クリック!

 

f:id:hajime676:20180710165653j:plain

 

 クリックした矢印のみが黄色で表示されます。その状態で標準を上に向けてください。

 

f:id:hajime676:20180710172233j:plain

 

 なんと体が浮いているではありませんか!

 別にどこかの宗教に入信しているわけではありません。

 

 他の矢印もいじってみてください。赤色を選択すれば左右に、緑色を選択すれば前後に動きます。しばし自由に動かしてみてください。

 

 満足したら一度地面に降ろし、キャラクターを休ませてあげてください。

 

 さて今度はマウスの中心、ホイールをクリックしてみてください。(デフォルトの設定の状態)

 

 すると矢印が円になると思います。先ほどと同様、任意の色をクリックし動かしてみてください。

 

f:id:hajime676:20180710172535j:plain

 

 

f:id:hajime676:20180710174223j:plain

 

 体が回転します!

 いろいろな方向に回転させてみてください。真横、逆さま。

 

 矢印と組み合わせて地面に寝させたり、湖に体半分埋めて、犬神家!

してみたり。

 

 これが基本操作となります。最初にチェックを外してくださいと、お願いした欄はまた別の記事にて説明します。

 

 

www.gamezanmai.com

 

 

 

注意!

 

 結構重要なことなのですが、各関節はこの回転ツールを使用して制御します。矢印の状態では動かすことができないので、ご注意を。

 

 

仕上げ

 

 表情や目の向き、指の位置など細かいを所を設定し小物を配置すれば完成である。必要であればライトツールを使用し、モデルが写真を撮るような光の設定をするのも良いだろう。

 

 

 

まとめ

 

 ラグドールを好みのポーズをとらせてスクリーンショットをとりたいという遊び方をしたいのであれば、この2つのMODは必要になってきます。デフォルトの状態では限界があるので、ぜひ導入してみてください。

 また興味があるMODをワークショップ内で見つけたら導入してみましょう。

 しかし導入しすぎは厳禁です。MODが競合し正常に動作しない場合があります。

 

【事前登録】ギガントショック すべてが規格外

www.youtube.com 

 

 

 

ギガントショックとは?

 

 『メイプルストーリー』や『マビノギ』など100以上のゲームタイトルを世に送り出した『NEXON』が新たに送るスマホアクションRPGです。

 ギガントと呼ばれる巨大な敵を様々な能力をもつキャラクターを駆使して戦うというものです。

 2018/4/10~2018/4/17まで行われたβテストを得て、近日公開のゲームとなっています。

 

 

 

βテストの結果

 

  βテストを終了後、参加してもらったユーザーにアンケートを取り、ゲーム全体の評価から、戦闘や操作性など評価してもらったようです。

 

 ・ゲーム全体の評価

 ・操作性の評価

 ・戦闘の評価

 ・覚醒者(ハンター)の評価

 

  以上の4項目です。結果をすでに公式サイトにて公開しているので、まとめてみたいと覆います。

 

 

 

ゲーム全体の評価

 

 

 ゲーム全体の評価について

  ・とても良い   19%

  ・良い      52%

  ・普通      22%

  ・悪い      7%

  ・とても悪い   0%

 

    とても良い、良いを含めると全体の約7割を占める高評価のようです。また意見も、今までにない斬新な戦闘が楽しかった、他のゲームでは味わえない面白だった、などギガントショックにしかない楽しさを見いだせていたようです。しかし不満点もややるようで、リリースまでには修正するとのことです。

 

 

 正式リリース後のプレイ予定について

  ・プレイする                65%

  ・不満点が改善されたらプレイする      31%

  ・もうプレイしない             4%

 

     こちらの結果も良好で、ほぼ10割がプレイするといった感想を述べています。これには戦闘システムの新鮮味や斬新さなどが大きくかかわっていると思います。

 

 

 

 

戦闘システムについて

 

 

 戦闘の難易度はどうだったか 

  ・とても難しい       2%

  ・難しい         25%

  ・ちょうどよい      61%

  ・簡単          10%

  ・とても簡単        2%

 

        難易度に関してちょうどよいという意見が大半を占めています。しかし難しいという意見が次に多く、人を選ぶのかなと感じます。戦闘方法が他のアプリとは違い斬新だったという意見があるようですが、逆に今までにないような戦闘方法だったからこそ難しいと感じたひとが多かったのかなと思います。

 

 

 戦闘のテンポや演出はどうだったか

  ・とても良い       14%

  ・良い          46%

  ・普通          28%

  ・悪い          11%

  ・とても悪い        1%

 

        とても良い・良いが大半を占めています。全体的に良い評価を得られていると思います。しかし、慣れると戦闘が単調な作業になるという意見や同じギミックが多く作業感が拭えないという意見が見られます。

        ゲーム歴数十年の私の感想ですが、ゲームに作業感が現れてしまうと、プレイすること自体が苦痛になってしまい、ユーザーが離れてしまいます。リリースまでには直してもらいたいです。

 

 

操作性について

 

 戦闘の操作性はどうだったか

  ・とても良い         9%

  ・良い           32%

  ・普通           34%

  ・悪い           23%

  ・とても悪い         2%

 

     良くも悪くもない普通の評価です。新感覚な操作性が良かった、単純な操作で簡単なとっつきやすがいいなどの良い意見がある一方、敵の攻撃範囲が分かりづらいという意見も多く見受けられます。

 

 

 ホーム画面やマップ画面の各種ボタンは使いやすかったか

  ・とても使いやすかった    7%

  ・使いやすかった      29%

  ・普通           42%

  ・使いづらかった      20%

  ・とても使いづらかった    2%

 

       こちらも全体的に良くも悪くもなく普通という意見が多いようです。ですが、全体的にボタンが小さいなどの意見も多く見受けられたようです。運営側も各種画面のボタンの使用感が課題と認識しているようです。

 

 

覚醒者(ハンター)について

 

 

 各ハンターのスキルの特徴が体感できたか

  ・とても体感できた            13%

  ・クラスの役割の違いは体感できた     51%

  ・何となく体感できた           31%

  ・体感できなかった             5%

  

    多くの人は大体のスキルの特徴を把握できたようです。しかしハンターごとの性能の差が分かりづらいなど、ハンター同士の差別化がうまく取れていない感じがします。

 

 ハンターの見た目はどうだったか

  ・とても良い   23%

  ・良い      44%

  ・普通      26%

  ・悪い       6%

  ・とても悪い    1%

 

    とても良い・良いの意見が多く見受けられ全体的に高評価だった印象が見受けられます。意見の中には『キャラクター毎のストーリーが気になる』という意見もあったため、今後のアップデートに期待です。

 

 

  全体的に評価が高く、期待できるゲームだと思います。また、新感覚の戦闘システムや、キャラクターのスキルなど他にはない特徴的な部分が多く見受けられたため、リリースまでにどのように仕上がるのか楽しみです。

 

 

 

 

ストーリー

 

 

人類が繁栄していた昔。

 

地球に接近した彗星により、

 

文明は崩壊した。

 

 

 

衝突した隕石の周りでは動植物を異常な速度で
 
成長させる不思議な力、
 
「マナ」が発見される。

 

 

マナによって 
 
人類は復興を遂げる。

 

 

 

しかし、

 

突如として現れた脅威、

 

「ギガント」が各地に出没

 

 

この厄災を、人はこう呼ぶ。

 

「ギガントショック」

 

 

 

人類は再び滅亡の危機を迎える。

 

残された、最後の希望はマナの力を得た

 

「覚醒者」に託された。

 

  

www.youtube.com

 

 

 

ギガントとは?

 

 隕石の衝突による影響で現れた巨大なモンスター。彼らによって人類が滅亡へのカウントダウンが刻まれた。その大きさは画面を覆いつくすほどの迫力です。

 

 

 

 

 

エイミングアクションを駆使して戦え!

 

 エイミング=狙っている様子を表す言葉。

 

 よくFPSゲームなどで『エイム』て言葉を使いませんか?主に敵に標準を合わせることを示すと思います。そのエイムは『エイミング』を略した言葉になります。

 

 エイミング+アクション=エイミングアクション

 

 ギガントショックにはエイミングアクション呼ばれる聞き慣れない機能が備わっている。これは指先でパワーを貯めながら敵の弱点に向けて照準を合わせるというもの。このゲームの醍醐味の1つで、スマートフォンやiSOのタッチ機能をフルに活用した戦い方ができる。

 

 

 

 

弱点を見極める!

 

 

 ギガントには必ず弱点がある。種類によって様々で分かりやすいところから、なかなか見つけづらいところまで様々かもしれない。しかし敵の弱点を見極めることは戦いにおいての基本となる。

 エイミングアクションを駆使しながら弱点を探し出そう。

 

 

 

 

 

攻撃パターンを見極めろ!

 

 ギガントは様々な武器を持っている。大きな剣を持つものから、巨大な拳、魔法などさまざまである。ギガントの種類や武器によって攻撃パターンが異なり攻撃範囲やタイミングなど見極めることが大切になってくる。

 

 

 

 

 

 

3つの職業を使いこなせ!

 

 このゲームには3つの職業が存在する。それぞれ特有のスキルや能力を持っており、使い方次第で大きな戦力を生み出すことができる。いろいろ試して勝利をつかみ取れ!

 

 アタッカー

  ギガントに対して直接攻撃を行う職。連続攻撃や力を溜めて攻撃などダメージを与えることに特化したスキルが多い。

  

 アシスター

  仲間の強化や補助などを行う職。敵の動きを止めたり、味方の攻撃力を上げるなど敵の弱体化、味方のアシスト系のスキルが多い。

 

 プロテクター

  敵の攻撃から仲間を守る職。敵の攻撃によるダメージを吸収したり、透明化させてダメージを無効化したりなど、ダメージを防ぐスキルが多い。アシスターと違うのは味方を攻撃から守り、ダメージを受けないようにする職であること。

 

 

 

  

事前登録の特典

 

  このゲームに限らず、事前登録を募集しているゲームには事前登録してくれたユーザーすべてに特典が付与されます。もちろんあなたも例外じゃないですよ。

  また事前登録及びアプリの利用料は無料なので、気になったら気兼ねなく登録してみよう!

 

 

 

 

その1 最大10連ガチャ分のルビー!

  事前登録のユーザー数に応じてリリース日に貰えるルビーが変わります。

  2018/07/06現在は、10万件の登録で1000ルビーを達成しています。最大は15万件の登録で2000ルビーなので、周りの友達やフェイスブックの仲間たちを誘って、事前登録をしよう!

 ルビーは攻略をするうえで有利なものなのでぜひ登録してみよう!

 

 

 

その2 三大特典

  

第一弾!  その場で当たる 毎日ギガントくじ
 

 Amazonギフト券3000円分がその場でもらえる!

 

 事前登録をすると毎日10名に当たるキャンペーンなのです!ですがすでに終了しているので、事前登録をしてもくじは引けません(涙)

 

 

 

 

 

第二弾! 60V型 液晶テレビ プレゼント!

 

 追記 こちらのキャンペーンは終了いたしました。 結果の方をどきどきワクワクしながらお待ちください。

 

 

 こちらは公式Twitterアカウントをフォローし、対象ツイートをRTするだけで60V型詠唱テレビが2名に当たります!

 

 開催期間は 7/2(月)16時 ~ 7/9(月)23時59分 までとなっていますので興味のある方はぜひ登録して最新情報をゲットしてみてください!

 

twitter.com

 

 

 

 

第三弾! ハイスコアを目指せ! ギガント討伐戦!

 

 2018/07/14追記:公式サイトにてギガントの討伐戦ができるようになりました!スマートフォンで公式サイトにアクセスし、事前登録ページ下部の方に『討伐に参加する!』というボタンが出現しました。

 これは30秒間のうちにギガントに対してどれだけダメージを与えられるかというものです。ダメージによってスコアが算出され、リリース後の特典につながります。

 私も何度か挑戦してますが最高スコアは『320』。上位5位までに入るには最低でも『500』は必要になってきます。

 コツはギガントの弱点を正確にとらえること。ダメージを与える場所によって『Perfect』『Grate』『Good』『Bad』4つの評価があります。私は最高で『Perfect』が3回、他『Grate』が数回などというレベルです。つまり『Perfect』を最低でも7,8回出さなければ上位入賞は難しいでしょう。

 

 ギガントを討伐したスコアに応じて、ゲーム内で使える10連分のガチャチケット&ガチャチケット3枚が貰える企画です。

 10連分のガチャチケットは上位5名のみ、ガチャチケット3枚は討伐成功した全員に貰えます。

 

 ただ期間が 7/12(木) ~ リリース前日までとなっており、どこで討伐を行うのか、まだはっきりとはしていません。当日何かしらの発表があるとおもうので、情報が更新され次第、こちらの記事も更新しようかなと思います。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 ネクソンのゲームをプレイしたことがある方なら今回リリースされるゲームに興味が湧いたかもしれません。ネクソンはゲーム業界でも知れ渡った名前でしょうし、数多くのゲームを世に送り出しています。

 

 また、βテストによるアンケート結果を見ても、結構好評だったようなので期待できます。片手でできるゲームなので時間が空いた時にやってみたい人や、事前登録だけでもしてみようかなと思っている人はぜひ一度、登録してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

事前登録はこちらから↓

 

Androidはこちら↓

 

 

iOSはこちら↓!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニコちゃんTシャツ買いました!

oneshot

 

 

 前回記事にしたゲーム『Oneshot』

 

www.gamezanmai.com

 

 私のゲーム人生に最大の傷跡を残したこのゲームですが、クリア後の寂寥感に耐えられず、すぐにグッズがないかネット上で探しました。

 すると、『Fangamer Japan』というサイトで少数ですがグッズを扱っていることを突き止めました。

 

www.fangamer.jp

 

 

 このサイトは海外で公開されている『Fangamer』の日本支店のようで、主にマイナーなゲームのグッズを取り扱っているようです。海外のFangamer(以下本店)と比べると品ぞろえが圧倒的に少なく、ゲームタイトルも少ないです。

 ただ、日本支店なのですべて日本円表記で値段も分かりやすく、愛知県からの発送なので安心して購入することができます。(本店でも日本語表記に対応していますが、値段はドル表記、海外からの発送なので本店からの購入はあまりお勧めしません)

 

 

 

 

 

Oneshotのグッズは2種類(本店は3種類)

 

 ニコステッカーとTシャツです。(本店には加えてポスター)

 

 ・ニコステッカー

  値段:1000円

 

  最初はこちらの方を購入しようかと思っていたのですが、人気なのか売り切れ状態で購入できませんでした。

  12.5cm×19cmのシートにニコちゃんのステッカーが10枚付いています。表情豊かなニコちゃんが様々な表情を見せており、とても可愛いです。

 

 

 ・Tシャツ

  値段:3000円

 

  少し値段が張りますが、すぐにでもグッズが欲しかった私は、迷うことなくこちらを購入しました。

  100%綿素材なので、ニコちゃんが優しく包み込んでくれます。サイズはユニセックスとレディースの2種から選択することができ、それぞれSから4Xまで取り扱っています。

  身長170センチの私はユニセックスのLを購入しました。多少肉がついている程度の体つきなので、ぴったりとしていてちょうどよかったです。

 

 

開封の儀

 

oneshot

 

 Tシャツを購入すると上記のものが付属して来ます。

 まずTシャツ本体。おまけとして、太陽ステッカー、ポストカード、アンダーテールのハートステッカーとワンちゃん缶バッチです。

 

 

おまけが本編

 

oneshot

 

 

 アンダーテールに出てきたワンちゃんの缶バッチと主人公のハートステッカー。アンダーテールグッズもこのfangamerで取り扱っており、oneshotよりも品ぞろえが豊富です。

 

oneshot

 

 ニコちゃんが肌身離さず持っていた太陽(電球)のステッカー。みんなの太陽です!フリーゲーム版のoneshotではこの太陽が割れてニコちゃんが死んでしまうバッドエンドルートがあったようなんですよね。steamで公開されているoneshotには廃止されたため、よかったのですが、もしあったらあまりの悔しさに吐いていたかもしれません(笑)

 

 

 

oneshot

 

 そしておまけの中でも最もよかったポストカード。皆が楽しそうな表情をしている姿がとてもいいですね。空が明るいので、エンディング後の光景を描いたのかと思います。本編にもあったらよかったのにな~。

 一番見てもらいたいのは、ポストカードの裏面。見た途端、思わず泣きそうになりました。

 

oneshot

 

 今まで手伝ってくれてありがとう ハジメ。 きっとミーは大丈夫だよ。

 

 このハジメというのは私のゲーム内の名前です。ニコちゃんはいつも困ったときハジメと名前を呼んでくれていました。

 きっとミーは大丈夫だよ。 ラストシーンを思い出すとこの言葉を聞くたびに涙が浮かんできます。

 

 

そしてTシャツ

 

oneshot

 

 表面には太陽を抱きかかえたニコちゃんが大きく描かれています。背中は無地です。全体的に暗めの紫色で統一されており、Oneshotの暗闇を表しているのだと思います。

 

 一度着て、着心地を確かめた後はハンガーにかけて部屋に飾っています。変にしわを作ったり汚したりしたくないのでもう一生着ることがないと思います。

 

 

 

まとめ

 

 ニコちゃんを愛でるためにあなたも買おう!

 

VR以上にゲームの中に入れる『Oneshot』

f:id:hajime676:20180702210429j:plain

 

 あなたは最新のゲームをよくプレイしますか?

 

 時代が進むにつてゲームは我々と共に進化をしてきた。最近ではゲームという単語が生まれたときには想像すらできなかった『VR』と呼ばれる機器が発売された。

 

 

 VRバーチャルリアリティーの略で、目を覆いかぶせるような機器を取り付けるとモニターに映し出されているゲームの世界へと入ることができる夢のような装置。まるで自分がゲーム内のキャラクターになったかのような気分になれます。

 

 そんなVR以上にゲームのキャラクターになれるゲームが今回記事にするゲーム『Oneshot』です。

 

 

 

 

oneshot ニコ

 

OneShot とは?

 

 タイトル:Oneshot

 ジャンル:パズルアドベンチャー

 リリース日:2016日/12/09

 値段:980円

 2018/07/04時点の評価

 最近のレビュー:圧倒的好評(1番上位の評価)

 総合レビュー:圧倒的好評(1番上位の評価)

 日本語:公式対応(とても丁寧な翻訳で言葉一つひとつに温かさを感じます)

 必要スペック:現在販売されているPCであればどんなものでもプレイ可能です。Web上に公開されているフリーゲームをプレイできる環境が整っているのであれば問題なし!!

 

 上記が画像に出ているかわいいニコちゃんを操作しながら太陽の失われた世界で、光を取り戻す旅をするゲーム。もとはフリーゲームだったものをリメイクしsteamにて公開したものになります。

 

store.steampowered.com

 

 

 

 

oneshot ニコ 

 

特徴

 

 

 ・神様(プレイヤー)とゲームとの掛け合い

  ゲームが始まってすぐに驚くことがあります。それはゲームが私(プレイヤー)の名前を呼ぶことです。しかも本名で。プレイヤーはゲームをプレイする人物ではなく、このゲームでは神様として扱われます。

 神様は主人公であるニコちゃんを操作し、アドバイスを与え、導くことがお仕事です。

 

 つまりあなたはこのゲームのキャラクターであり、起動したときからあなたはゲームの中にいるのです。

 

 

 ・ニコちゃん可愛い

  ママが作ってくれる特性パンケーキが大好きで梯子が登るが怖い本作の主人公。表情がとても豊かで他人を思いやれる優しい心を持っている。なんといってもプレイヤーを頼って名前を呼んでくれるところがとても可愛い。そして愛おしい。

 

 

 ・チャンスは一度っきり

  タイトル『Oneshot』にある通り、このゲームは一度っきりのゲーム。公開の内容、ゲームを進めてほしい。そしてクリアしたとき、あなたはどんな感情を抱くのか、一度っきりだからこそ抱ける特別な感情があると思います。

 

 

 ・PCを持っていれば誰でもできる!

  このゲームは元々フリーゲームです。それをリメイクし、一つの形として生まれ変わったのがこのゲームです。Web上で公開されているゲームをプレイできる環境であれば、だれでもプレイ可能です!!!

 

 

 

 

ゲーム画面の紹介

 

oneshot ニコ

 

oneshot ニコ

   

 

 スーパーファミコンや一昔前のドラゴンク〇ストを思い出す。二等親のドット絵のキャラクターを操作し、謎を解きながら物語を進めていく。イベントシーンではトップ絵や下記のようなかわいいイラストが挿入され、物語を盛り上げてくれる。 

 また右下のニコちゃんの表情もかわいい。挿絵と右下のニコちゃんで表情が豊かな子なのかが分かると思います。

 

 

 

 

f:id:hajime676:20180704180020j:plain

 

このゲームをプレイしての感想

 

 このゲームをクリアしたあなたはいったいどんな感情を抱いたでしょうか?私は強力な寂寥感を覚えました。なぜそのような感情を抱いたのかはネタバレを防ぐために控えますが、私のゲーム人生において大きな傷跡を残したことは確かです。

 またニコちゃん可愛い。愛おしいです。ぬいぐるみがあるならすぐに購入したいです。でもないんですよね。

 

 

 

 

まとめ

 

 全人類にプレイしてほしいゲーム。 

           ただそれだけ。

 

クリア後に抱いた気持ちは別の記事にしているのでどうぞ。

 

hajime676.hatenablog.com

 

心を動かした主人公ベスト3(2Dゲーム編)

f:id:hajime676:20180629214858j:plain

 

 

 

 私は今までたくさんのゲームをプレイしてきた中で、様々な主人公に触れあってきました。作品によってその人柄や人種など様々でとても面白いです。

 

 その中でもここ2、3年で心を動かされた作品が数個あります。ストーリーはもちろん、主人公やそれに関わってくる個性豊かなキャラクター達、そういったものが絡み合って一つの束になる。

 

 

 心を動かす作品には主人公を含めて必ず良いキャラクターたちがいる。とても個性的で一人ひとりが尖った特徴を持っている。その中でも主人公は格別で一番とがっている場合が多い。

 

 そこで最近プレイしたゲームの中で特徴的で私の心を動かしてくれた主人公を紹介しようかなと思います。

 

 

 

 

 

 

評価内容

 

 評価する内容は4つ

 

  その1  主人公の魅力

    容姿や性格も含めて魅力的な部分を多く持っていた者に魅力的な点の分だけ加点します。

 

  

  その2  キャラクターたち

    主人公を強くしていくうえで周りのキャラクターたちの力添えは必須。どれだけ主人公に関りを持ったかで加点する。

 

 

  その3  魅力的なストーリー

    ストーリーは主人公の魅力を引き立てるもの。ストーリーによって主人公に対してどれだけ感情移入ができるのかが変わってきます。

 

 

  その4  寂寥感

    エンディングを迎えてどれだけ寂寥感を得たのか。寂寥感を得るということはその作品や主人公に対して愛を持っているということ。これから紹介する作品すべてに寂寥感を覚えていますが、その心に残った強さで加点をしたいと思います。

 

 

 各項目点数は10点満点。計40点満点。点数が高ければ高いほど良い順位に入ることができる。

  

 今回はすべてsteamにて販売されているゲームを評価します。(過去にプレイしたゲームは覚えていますが、その時の気持ちはあまり覚えていないので)

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位 心の優しい主人公『Undertale 主人公』

 

f:id:hajime676:20180630175909p:plain

 

 

評価

 

 

 主人公の魅力      3/10
 
 キャラクターたち    10/10
 
 魅力的なストーリー   8/10
 
 寂寥感         2/10

 

 

  23 ポイント

 

 

 

 かわいい女の子が主人公です。

 

 今となっては有名になったゲーム『Undertale』の主人公です。しましま模様の服が特徴的で、細い目がかわいらしいです。

 

 

 

 まず各キャラクターたちの魅力に関して。文句なしの満点です。各キャラクターたちが個々の魅力を持っており、1人ひとりが尖っている。誰一人似たようなキャラクターはいない。

 

 ストーリーもとても魅力的で文句なし。とても心が温まるし、最後はハッピーエンド。もちろんマルチエンディングのため、様々なエンディングが存在するがそれでも最後はハッピーエンドを迎える。

 だからこそ今回は満点を出せなかった。誰でもハッピーエンドを迎えられるから。

 

 主人公に魅力はあまり感じられない。基本しゃべらないし、名前もない。でも周りのキャラクターたちの心を変えたのも確かだし、世界そのものを変えたのもの事実。その行動力や心の強さ、皆を受け入れようとする優しさにはとても関心する。

 

 寂寥感はさほど感じなかった。別に作品を愛していないというわけではなく、ハッピーエンドを迎えてホッとした気持ちが強く、すっきりしたという気持ちが大きい。

 とてもよい気持ちで終われたが、今回は点数が低い。逆に加点の部分は主人公はあの後どういう生活を送ったのだろうかという寂寥感を少し感じたぐらいだ。

 

 

 

 

store.steampowered.com

 

 

 

 

 

 

第2位 娘のためなら何でもする男『ブラッド・アームストロング』

 

 

 

f:id:hajime676:20180630202443p:plain

 

 

評価
 

 

 主人公の魅力      7/10
 
 キャラクターたち    8/10
 
 魅力的なストーリー   9/10
 
 寂寥感         6/10

 

 

 計 30 ポイント

 

  頭の禿げたおっさんが主人公。

 

 汚いUndertaleとも囁かれた『LISA』の主人公。

 

 このゲームは女性がいなくなった世界で、ブラッドが赤ちゃんを見つけるところから始まる。赤ちゃんは女の子。つまり世界で唯一の女性。

 ある日女の子が何者かにさらわれてしまう。娘のように可愛がってブラッドは女の子を取り戻すべく冒険が始まる。

 

 美少女でもなくイケメンでもないただもおっさん。魅力を感じられない。と、言うわけでもなくプレイしていくたびにブラッドの強さやかっこよさが分かってくる。

 

 

 

 全体的に平均的な点数。どこかとてもいいというわけでもなくすべてが良かった。

 

 点数が一番高いストーリー。このゲームにはハッピーエンドが存在しない。どこにどう転ぼうとハッピーはない。女性がいなくなった世界という異様な世界感で、ゲームが始まった時から絶望しかない。

 またなぜ女性がいなくなってしまったのか、原因は何かはっきりしないところが多々あるため、様々な考察が日夜飛び交っている。

 

 

 キャラクターたちもある意味、頭のおかしい奴らしかいない。それがいいところ。ニワトリのような髪の男や、指先からビームを出す男まで様々。魅力的だがむさ苦しさしかなく、華がない。仕方のないことだけど。そう言った面でUndertaleのほうがとても魅力的だった。

 

 

 主人公は魅力的でかっこいい。自分の身を犠牲にしてまでも娘を助けようとする心の強さ。仲間が娘を助けることを反対し襲い掛かってきても、それを蹴散らし娘の元に向かおうとする意志強さ。見た目はダサくても、心はとてもイケメン。

 また『アームストロングスタイル』という独自の攻撃方法も持っており、空手と我流を融合させたできた技。その名前のかっこよさも評価できる。

 満点にしないのはブラッドの行動が本当に正しかったのかどうか私も疑問に思うところがあるから。

 

 

 寂寥感はすさまじかった。本編に加えてDLCで続編をプレイできるのだが、最後がとても悲しい。マルチエンディングでどこに行ってもハッピーとはあまり言えない。

 今後この世界はどうなっていくのか、エンディングを迎えた後の世界はどうなっているのか気になってしまい、考えれば考えるたびに寂寥感が襲う。

 

 

store.steampowered.com

 

 

 

 

 

第1位 世界の救世主『ニコ』

 

 

 

 

f:id:hajime676:20180630214456p:plain

 

 

 評価

 

 

 主人公の魅力      10/10
 
 キャラクターたち    7/10
 
 魅力的なストーリー   7/10
 
 寂寥感         10/10

 

 

  34 ポイント

 

 

 

 

 黄色い大きな目をしたかわいいキャラクター。

 

 最も私の心の中に大きな穴を空けたゲーム『OneShot』。 寂寥感はとてつもないものでクリアした当日は寝れなかった。

 

 ゲームシステムはマザーに似ており、ゲームからプレイヤーに話しかけてくる。しかも名前も教えてないのにプレイヤーの名前を知っている。(多分パソコンに登録した名前を呼んでいるのだと思う)

 さらに主人公もプレイヤーの名前を呼ぶ。魅力的でかわいい。

 もう1つ。このゲームはあなたのパソコンもゲームの一部になる。

 

 

 まずこのゲームの評価に関して満点が2項目ある。どちらも満点の他にないほど私の心を大きく揺さぶった。

 

 

 魅力しか感じられない主人公。ホットケーキが大好きで梯子が怖くて登れない。他人に対しても涙を流してくれるとてもやさしい子。

 何といってもニコが私(プレイヤー)の名前を呼んでくれるというところが愛おしい。私のことを神様と呼び友達のように接してくれる。実際に話をしているかのようにとてた楽しく、一緒にいて面白い子。

 

 だからこそ寂寥感がすごい。これほどまでに心に大きな穴を上げた作品があっただろうか。結末のネタバレになってしまうが、役目を終えたニコは私のパソコンの中から立ち去って行った。

 クリア後にゲームを立ち上げようとしてもニコが立ち去った部屋しか表示されない。メニュー画面でゲームをリセットする必要があるが、リセットしたからと言ってニコが戻ってくるわけではない。リセットして新たに始めたゲームは以前クリアしたゲームのリプレイでしかなく、本物のニコが戻ってきたわけではない。

 一度クリアするともう二度とニコには会えないのだ。

 

 

 ストーリーも魅力的で脳裏に焼き付いており、世界観もとても良いものになっている。しかしボリュームが少なく、もう少し長く遊びたかった。そう言った点ではUndertaleやLISAは濃厚なストーリーとボリュームで文句なし。

 また1週目と2週目ではセリフが所々変わり、エンディングも変わる。なによりも2週目をクリアして初めてこのゲームの本当の『終わり』を迎えられる。

 基本クリアしたゲームは2週目などプレイすることはないが、このゲームだけは何時間も画面に目を向けてプレイしたゲーム。

 

 

 またキャラクターたちもそれぞれ魅力的で話をしていて楽しい。しかしここが大きく尖っているわけではなく、とても平均的。そう言った点ではUndertaleのほうがとても心に残る。

 ロボットのおねぇさん、かわいいです。

 

store.steampowered.com

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 なぜ3人をドット絵で紹介したか分かりますか?

 

 2Dゲームの良さというのは、想像が膨らむということ。例えば私が一番好きな『ニコ』。大きな黄色い目に青いマント。茶色い帽子に突き出たかわいい耳。実際に目の前にいたらどのような感じなのだろうか。

 どんな風に走り、どんな表情を見せているのか。ドット絵ではわからない分、想像が膨らみ愛着が湧く。

 

 最近のPS4などで出ている3Dゲームはとてもリアルで実写映画をみているかのようだ、そのためプレイヤーに想像させることなく、実際にキャラクターが目の前にいたらどのような感じなのか安易に想像できてしまう。表情だって人間そのままだし考える必要もない。悪いことじゃないけど、昔からゲームをしてきた私にとって、すこし残念なところでもある。

 

 この気持ちが分からない人は一度プレイしてみてほしい。ドット絵だし、2Dゲームだからそこまで高いパソコンはいらない。3Dゲームと比べてお金を払う価値があるのかと疑問に思う人は、その扉を一度破ってプレイしてみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲームの思い出

f:id:hajime676:20180627205819j:plain

 

 ゲーム歴約15年。長い間様々なゲームをプレイしてきました。セガサターンから始まったゲームプレイはやがて時代と共に変わっていき、現在はPCとPS4です。

 

 昔からゲームが大好きで、とのかくいろいろなゲームをプレイしてきました。大好きなRPGからアクションまで様々です。

 一番最初にプレイしたゲームはセガサターンで発売されていた『二度あることは三度あーる』だったと思います。

 

 

 

 ゲーム内容は1対1の対戦ゲームで様々なミニゲームをクリアしていきます。ミニゲームに失敗するとライフが1つ減り、最初にすべてのライフが無くなったら負けというものです。当初は弟や友達とよくプレイしていました。

 

 

 次にプレイしたのは同じくセガから発売された『ドリームキャスト』です。ドリームキャストの大きな特徴は当時としては珍しかったコントローラーを4つ差せることと、メモリーカードがコントローラに付けるタイプだということです。メモリーカードに小さなモニターが付いていたことも珍しかったですね。今でも珍しいと思います。

 

 ドリームキャストでプレイしたゲームは『パワーストーン』というゲーム。ソニーから発売されたPSPで一度リメイクされているので知っている方もいるかもしれません。

 2人で遊ぶゲームで対戦ゲームです。ただの対戦ゲームではなく、周りにあるものを投げつけたりしてあてにダメージを与えます。

 

 このゲームの特徴的な部分はタイトルにある通り『パワーストーン』の存在です。

 パワーストーンは戦闘中、フィールドのどこかに出現し3つ集めるとキャラクターが進化して必殺技などを使えるようになります。

 必殺技は強力でキャラクターによっては一度の必殺技でHPを半分奪っていくことも可能でした。

 

 そういったものを利用し敵プレイヤーへとダメージを与えていき、HPが0になったら負けとなります。ドリームキャストのゲームは様々持っていましたが、このゲームは1番はまったことを覚えています。

 

 やがてPSに移り、ゲームキューブPS2PSPPS3そしてPS4と様々なコンシューマーゲーム機でプレイをしてきました。

 

 しかしゲームが進化をしていくにつれてだんだんとゲームをする時間が少なくなっている気がしています。これは忙しくなったからというのもありますが、グラフィックが進化をしキャラクターに対する創造性が無くなってきたからかなと思っています。

 

 現在のゲームはまるでそこに人がいるかのようにリアルで精巧に作られていますが、ドット絵からキャラクターを想像する楽しみがなくなったからだと思います。

 昔のゲームはよかったと嘆くつもりはありませんが、以前紹介した『Low Magic Age』のような一昔前の雰囲気があるゲームをやりたくなるのはそういったことがあるからだと感じてます。

 頭なのか中でキャラクターのしゃべり方やしぐさなどを想像しながらプレイするゲームっていいですね。

 

 

www.gamezanmai.com