ゲーム ザンマイ!

管理人がプレイ感想などを記事にしています。小学生のころにセガサターンをプレイしてから毎日ゲームをプレイ中。

garry`s mod ラグドールにポーズをとらせよう!

f:id:hajime676:20180709191258j:plain

 

 毎日暑い日が続く今日この頃。

 エアコンや扇風機などを起動させながらゲームをしないとプレイに集中できません。(-_-;)

 これからが夏本番と思うと気が重いです。

 

 

 先日というかだいぶ前に消化した『気分転換にやりたいFPSゲーム3選!』タイトルで記事を書きました。

 

www.gamezanmai.com

 

 

 これは私が普段ブログを書いていて、ちょっと面倒くさくなった時に気分転換としてやっていたゲームを紹介したものです。

 そのなかで紹介した『garry's mod』というゲーム。とても自由度が高く、何でもできるゲームです。しかし操作説明の記事などは存在するのですがラグドールのポーズのとらせ方について記事がないなと思い、今回記事にしてみることにしました。

 

 

garry`s mod とは?

 

 

 簡単に説明すると、いろいろなアイテムを召喚したり、武器を使用したりしていろいろなことをするゲーム。無限に遊べるゲームであり、エンディングなどはなくストーリーもない。

 元は『ハーフライフ2』というゲームのMODであり、『garry's mod』はそれを1つのゲームとして売り出されたものである。

 基本的な遊び方として、好きなキャラクターのラグロールを呼び出しポーズをとらせスクリーンショットを撮るというもの。もちろん他の遊び方もできる。

 

 

基本的な操作の仕方

 

 歩く走るジャンプといった基本的な操作方法からツールガンの使い方まで載っているので分からない方やこのボタン何だっけ? という場合に覗いてみてください。

 

steam コミュニティへ

 

 

 

ラグドールにポーズをさせる前の準備

 

 デフォルトの状態でラグドールにポーズをとらせることは可能ですが、とても大変です。特に地面に足をつけて、立たせるということをするのに数十分かかると思います。

 

 Physics Gunで頭を持ち上げて・・・

  

f:id:hajime676:20180709203259j:plain

 

 

 適当な位置で固定する。

 

f:id:hajime676:20180709203322j:plain

 

 

 あとは手足を適当な位置に持ってきてポーズをとらせる。

 

f:id:hajime676:20180709203341j:plain

 

 こういった考えもなしにポーズをとらせるなら、デフォルトの状態でも可能です。

 

 

 

f:id:hajime676:20180709203928j:plain

 

 しかしこのように自分の頭の中で描いたポーズをとらせるなら、デフォルトでは難しいです。さらに言うと日常生活でするような動作をポーズにしたいならPhysics Gunのみでは無理です。

 

 

 

ではどうするか

 

 ここは他のユーザー様のお力を借りたいと思います。

 このゲームは『ワークショップ』に対応しており、他のユーザーが作ったモデルやツールなどをクリック1つで導入することが可能です。

 

 

導入するMODは2つ

 

 『Standing Pose Tool』と『Ragdoll Mover』です。

 

 

 

  Standing Pose Toolといのはモデルは立たせるツールです。Physics Gunではうまく立たせられないので、このツールを使用します。

 

 一方、Ragdoll Moverというのはモデルを動かすツールです。動かすならPhysics Gunでいいじゃないか! と思うかもしれませんがこのツールは各関節ごとに動かすことができるため、自分の頭に描いたポーズをとらせることが可能です。

 

 

Standing Pose Tool の使い方

 

 使い方はいたってシンプルです。

 

f:id:hajime676:20180709211700j:plain

f:id:hajime676:20180709211919j:plain

 

 メニュー画面を開き、右側にあるポーズの欄に注目してください。導入に成功していると、Stand Poseという欄が出ていると思います。

 

f:id:hajime676:20180709212349j:plain

 

 すると左上に『Stand Pose』と出ると思います。その状態で立たせたいラグドールを左クリック。

 そして任意の場所でもう一度クリック。すると・・・

 

f:id:hajime676:20180709213412j:plain

 

  じゃん! 

 

 このようにT字で立たせることができます。これは人型のラグドールであれば何でも適応可能です。

 この状態からキャラクターにポーズをとらせていきます。

 

 

 

 

Ragdoll Moverの使い方

 

 いよいよキャラクターにポーズをとらせます。

 ポーズをさせるために使用ツールがこの『Ragdoll Mover』です。

 

 使い方は簡単ですが慣れが必要なツールになります。

 

 先ほどと同様です。今度はポーズの欄から『Ragdoll Mover』を選択します。

 

f:id:hajime676:20180709223947j:plain

 

 

 すると右上にチェックボックスを付けられる項目が出てきます。

 

f:id:hajime676:20180709224323j:plain

 

f:id:hajime676:20180709224559j:plain

 

 もしチェックボックスにチェックがされていたら、すべて外してください。メニュー画面を閉じ、ツールガンの標準をキャラクタの各関節に合わせると・・・

 

 

f:id:hajime676:20180710165233j:plain

 

 緑色の文字でこのような表示が出てくると思います。先ほど述べた通り各関節でこのような表示が出てくると思いますが、今回はまたの上おなかの中止あたりに照準を合わせてください。(図のように)この状態で一度左クリックを押してください。

 

f:id:hajime676:20180710170432j:plain

 

 の矢印が出てくると思います。 そのうちの1つ『上向きの青色矢印』に照準を合わせてください、すると矢印の色が黄色になると思います。その状態で左クリック!

 

f:id:hajime676:20180710165653j:plain

 

 クリックした矢印のみが黄色で表示されます。その状態で標準を上に向けてください。

 

f:id:hajime676:20180710172233j:plain

 

 なんと体が浮いているではありませんか!

 別にどこかの宗教に入信しているわけではありません。

 

 他の矢印もいじってみてください。赤色を選択すれば左右に、緑色を選択すれば前後に動きます。しばし自由に動かしてみてください。

 

 満足したら一度地面に降ろし、キャラクターを休ませてあげてください。

 

 さて今度はマウスの中心、ホイールをクリックしてみてください。(デフォルトの設定の状態)

 

 すると矢印が円になると思います。先ほどと同様、任意の色をクリックし動かしてみてください。

 

f:id:hajime676:20180710172535j:plain

 

 

f:id:hajime676:20180710174223j:plain

 

 体が回転します!

 いろいろな方向に回転させてみてください。真横、逆さま。

 

 矢印と組み合わせて地面に寝させたり、湖に体半分埋めて、犬神家!

してみたり。

 

 これが基本操作となります。最初にチェックを外してくださいと、お願いした欄はまた別の記事にて説明します。

 

 

www.gamezanmai.com

 

 

 

注意!

 

 結構重要なことなのですが、各関節はこの回転ツールを使用して制御します。矢印の状態では動かすことができないので、ご注意を。

 

 

仕上げ

 

 表情や目の向き、指の位置など細かいを所を設定し小物を配置すれば完成である。必要であればライトツールを使用し、モデルが写真を撮るような光の設定をするのも良いだろう。

 

 

 

まとめ

 

 ラグドールを好みのポーズをとらせてスクリーンショットをとりたいという遊び方をしたいのであれば、この2つのMODは必要になってきます。デフォルトの状態では限界があるので、ぜひ導入してみてください。

 また興味があるMODをワークショップ内で見つけたら導入してみましょう。

 しかし導入しすぎは厳禁です。MODが競合し正常に動作しない場合があります。