ゲーム ザンマイ!

管理人がプレイ感想などを記事にしています。小学生のころにセガサターンをプレイしてから毎日ゲームをプレイ中。

ゲームの思い出

f:id:hajime676:20180627205819j:plain

 

 ゲーム歴約15年。長い間様々なゲームをプレイしてきました。セガサターンから始まったゲームプレイはやがて時代と共に変わっていき、現在はPCとPS4です。

 

 昔からゲームが大好きで、とのかくいろいろなゲームをプレイしてきました。大好きなRPGからアクションまで様々です。

 一番最初にプレイしたゲームはセガサターンで発売されていた『二度あることは三度あーる』だったと思います。

 

 

 

 ゲーム内容は1対1の対戦ゲームで様々なミニゲームをクリアしていきます。ミニゲームに失敗するとライフが1つ減り、最初にすべてのライフが無くなったら負けというものです。当初は弟や友達とよくプレイしていました。

 

 

 次にプレイしたのは同じくセガから発売された『ドリームキャスト』です。ドリームキャストの大きな特徴は当時としては珍しかったコントローラーを4つ差せることと、メモリーカードがコントローラに付けるタイプだということです。メモリーカードに小さなモニターが付いていたことも珍しかったですね。今でも珍しいと思います。

 

 ドリームキャストでプレイしたゲームは『パワーストーン』というゲーム。ソニーから発売されたPSPで一度リメイクされているので知っている方もいるかもしれません。

 2人で遊ぶゲームで対戦ゲームです。ただの対戦ゲームではなく、周りにあるものを投げつけたりしてあてにダメージを与えます。

 

 このゲームの特徴的な部分はタイトルにある通り『パワーストーン』の存在です。

 パワーストーンは戦闘中、フィールドのどこかに出現し3つ集めるとキャラクターが進化して必殺技などを使えるようになります。

 必殺技は強力でキャラクターによっては一度の必殺技でHPを半分奪っていくことも可能でした。

 

 そういったものを利用し敵プレイヤーへとダメージを与えていき、HPが0になったら負けとなります。ドリームキャストのゲームは様々持っていましたが、このゲームは1番はまったことを覚えています。

 

 やがてPSに移り、ゲームキューブPS2PSPPS3そしてPS4と様々なコンシューマーゲーム機でプレイをしてきました。

 

 しかしゲームが進化をしていくにつれてだんだんとゲームをする時間が少なくなっている気がしています。これは忙しくなったからというのもありますが、グラフィックが進化をしキャラクターに対する創造性が無くなってきたからかなと思っています。

 

 現在のゲームはまるでそこに人がいるかのようにリアルで精巧に作られていますが、ドット絵からキャラクターを想像する楽しみがなくなったからだと思います。

 昔のゲームはよかったと嘆くつもりはありませんが、以前紹介した『Low Magic Age』のような一昔前の雰囲気があるゲームをやりたくなるのはそういったことがあるからだと感じてます。

 頭なのか中でキャラクターのしゃべり方やしぐさなどを想像しながらプレイするゲームっていいですね。

 

 

www.gamezanmai.com