ゲーム ザンマイ!

ゲームやアニメなどを中心に管理人の考えや感想を記事にしています。ゲームもアニメも大好き!

Slay the Spire 攻略 新キャラクター『ディフェクト』

 

 

 

 ついに出ました新キャラ『ディフェクト』

f:id:hajime676:20180602161717j:plain

 

    今回のアップデートで新キャラ『ディフェクト』が追加されました。ベータ版ではすでに使用可能でしたが、アーリーアクセス版に登場するのは初です。

 

 

       

 

 

 

どんなキャラクターか

  

     イメージカラーは青。人である二人とは違い戦闘用オートマトン、つまりロボットのようです。フォルムは人間に近いですが、目や手などメカメカしい部分が見受けられます。

f:id:hajime676:20180602172916j:plain

     後姿を見るとロボットであることは明確。3本の太い配線が目の役割をしているのだろう。配線が通っている青い布の下はどのようになっているのだろうか……

     また古代技術がオーブの操作を可能にしたとのことで、今回のキャラクターには他にはないオーブ』というものが使用できます。

 

 

 

    

オーブとは

 

f:id:hajime676:20180602173200j:plain

 

       『ディフェクト』の戦闘画面。 画面左側、キャラクターの上に3つ球体らしきものが浮かんでいるのが分かるでしょうか?

             これが『オーブ』

       オーブの右下に数字が書かれている数字がそれぞれのオーブの効果を表しています。

       初期オーブのスロットは3つ。カードなどによって最大10個のスロットを得ることができる。基本オーブの能力はターン終了時に発動する。ターン終了時に3ダメージを与える、2ブロックを得る などなど。その能力によって色や形が違うのでぜひ確認してほしい。オーブはカードなどによって生成することができる。

 

f:id:hajime676:20180602174951j:plain

      

       このようなカードでオーブを得る。

 

       またオーブには『喚起』というものが存在する。これは先頭のオーブを失う代わりに、失ったオーブの能力を最大限まで引き出し、効果を発動させるというもの。例えばターン終了時に3ダメージを与えるオーブを喚起させると、8ダメージを与える。

       オーブの能力は集中と呼ばれるパラメータを上げることで、効果を上昇させることができる。

 

 

f:id:hajime676:20180602174732j:plain

         

         集中を上げるカードの中の1枚。

 

 

オーブの種類

       現状では4つのオーブが存在するようです。それぞれ形も能力も異なり奥が深くとても面白いです。

 

ライトニングオーブ

       スターターレリックを持っていると戦闘開始時に手に入るオーブ。形は黄緑色の球体。効果はランダムな敵にダメージを与える。初期の効果はダメージ3。喚起時は+5ダメージを与える。

 

フロストオーブ

       ブロックを得る。氷の形をしている。初期値には2ブロック。喚起時は+3ブロックを得る。

 

ダークオーブ

        少し特殊なオーブ。黒い球体をしている。ターン終了時にダメージが増加する。そして喚起時に増加されたダメージを最もHPが少ない相手に与える。初期値は6。

 

プラズマオーブ

        こちらも少し特殊なオーブ。黄色と緑の球体。戦闘開始時に効果を発動する。オーブでエナジーを1得る。喚起時にはエナジーを2得る。また、集中力の効果を受けない。

        

              

感想

 

        2回ほどプレイしてみました。他のキャラクターとは違い、ブロックカードやアタックカードでは安定して攻略をすることができません。オーブを生成し、集中力を上げることでオーブの効果を上昇させる。これが基本となると思います。

        オーブの効果を理解し、どこでオーブを生成し喚起させるかが肝となります。まずはオーブの存在を理解し攻略を目指したいと思います。

 

 

                

 

まとめ

 

        他のキャラクターと比べ異質です。アタックカードやブロックカードは補助カードのような存在で、基本はオーブを使用した戦闘になると思います。いままでのキャラクター通りに攻略しようとすると、痛い目を見るでしょう。

        またコスト0のカードが豊富に存在します。効果は低いですが敵に対して状態異常を与えるカードばかりで、補助に向いていると思います。